ぽっぷらぽち

Going My Wayがモットー。日本・タイのいろいろ。ランニングの景色&ときどきIT。บ่นบ้างวิ่งบ้าง

北海道の旅(その1)富良野、旭川、札幌、小樽

早朝便で北海道へ。

天気予報では雨になる可能性が高いこの1週間だけど、この2日間は幸い、まだ雨に降られなかった。

f:id:pppoooppp:20170720083832j:plain

千歳空港からレンタカーで出発。一日目は富良野経由して、旭川までの予定。

富良野では富良野チーズ工房のピザがとても気に入ってくれた。普段、チーズ系のものが好きということでもない母親と叔母なのに。よっぽどおいしかったみたい。

チーズ工房の敷地内は緑がいっぱいでとても気持ちのいい場所だった。

f:id:pppoooppp:20170720145203j:plain

ファーム富田ではラベンダー畑がきれいに咲いてた。

f:id:pppoooppp:20170720155302j:plain

ここにきたら、もちろんラベンダー味ソフトクリーム。
まあ、今日だけど、3つ目?のソフトクリーム!

f:id:pppoooppp:20170720155005j:plain

ピュアホワイトという品種のとうきび(とうもろこし)で、生でもみずみずしく甘かった。(↓の写真はゆでたバージョン)

f:id:pppoooppp:20170720160725j:plain

メロンやら、とうきびやら、ソフトクリームやら、初日から食べることを満喫!

 

このままだと、旅行が終わる頃の体重がちょっと心配!(笑)

2日目は旭川から札幌経由して、最終的に小樽まで。

札幌では時計台とテレビ塔を観光。

f:id:pppoooppp:20170721122019j:plain

f:id:pppoooppp:20170721124532j:plain

ここでやっとラーメン屋さんに入った。
麺屋開高 というお店がおいしそうだったので、ここをチョイス。
3人とも満足できる味だった。

f:id:pppoooppp:20170721132154j:plain

小樽に移動して、小樽運河を見た瞬間、

母親「なにこれ?人の家の裏を見にきたん?」と、

自分「・・・」
数分言葉を失った(笑)。

冷静に考えたら、そうなんや、そういう感覚もあるんだと思った。
確かに住み慣れているバンコクではこのような古い街並みの景色はどこにも普通にあるから、何もめずらしくもないかも。人の感覚っておもしろいなあと思った。

f:id:pppoooppp:20170721151043j:plain

その後、商店街通りに移動すると、テンションが上ったみたい。
ガラスショップがたくさんあって、きれいな食器を見たりするのが好きで、昔ならほしいだろうけど、今はもう70近くにもなって、きれいだねと言っただけで、ほしいとは思わなくなったみたい。。。自分も40にもなって、老いていく母親を見て、ちょっとだけ切なく感じた。

ガイドブックに紹介されているたくさんのランプに囲まれてコーヒーをいただけるお店を探したけど、諦めて帰ろうとしたら、あった。

「北一ホール」というお店。飲み物をレジでオーダーして商品を受け取ってから、自由に好きな席に座れる。閉店1時間前もあって、結構空いてた。

ランプの油のにおいがする店内だけど、それも含めて、とても雰囲気がいいお店だった。

f:id:pppoooppp:20170721164550j:plain

f:id:pppoooppp:20170721164600j:plain

f:id:pppoooppp:20170721170014j:plain

晩ごはんをホテルの近くで済ました後、どうしても小樽運河の夜の景色の写真を撮りたくて、夜ランに出かけた。ホテルから片道約2キロほどの距離だから、往復5キロ程度でちょうどいいかなあと。

大正解だった。昼間と全然違う感じでとてもいい感じだった。

f:id:pppoooppp:20170721204822j:plain

f:id:pppoooppp:20170721205234j:plain

f:id:pppoooppp:20170721205831j:plain

海岸沿い(ヨットハーバー?)は走りやすい道だった。

f:id:pppoooppp:20170721212225j:plain

 

今日のラン
往路 2.5km 13:36min
復路 3.5km 18:07min